現在、少子化も進んでいることもあり空室が目立つようになっています。
そんな【借り手市場】の今、
上記のような一般的に賃貸住宅経営には向かない要素を持つ土地であっても
有効活用できる可能性を秘めているのが賃貸ガレージハウスなのです。
また、ブランド構築ができれば口コミで広がり、空室待ちという状況の物件も実際にあり、
賃貸経営の安定化に繋がります。


アパートやマンションの建設に求められる好条件とは違い

  ■ 駅・商業施設から遠い

  ■ 日当たりが悪い

  ■ 周囲が騒がしい(高速道路のICが近くにあると尚良し)

のような用途が難しい、一般住宅には不向きな条件であってもガレージハウスには適地となり、

中でもIC近辺が最適地とされています。



全体としては、趣味に割くお金と時間のある収入がある程度高めの人が想定できます。

さらに、お子様のいないご家庭というケースも多くあります。

高級車などの趣味に投資できるだけの金銭的余裕のある、

良識を備えた優良入居者が長い期間ご入居いただくことで、

賃貸経営の安定化とオーナー様自身の安心に繋がります。


1. ガレージハウスはガレージ(車庫)と住居スペースが一体となっているため、
ヴィンテージカーやバイクなどの趣味性の高い高級車を雨風・車上荒らし・盗難から守ってくれます。

これらの特徴は一般の賃貸住宅で求めるのは困難であるため、ガレージハウスの付加価値が高まり、競合物件が少ないため高賃料設定となっています。


2. 賃貸市場にあまり流通していなく、需要が高まり 高水準の家賃設定でも満室経営が可能となります。


3. 必ずしも居住空間が必要ではないので一戸あたりの面積が狭くても良く、 耐震性の高い建築方式を採用しても建築費用が安く済む事があります。


4. 土地の固定資産税が少ない

【駐車場運営との比較】
 建物がない駐車場は一切の税額減税が受けられないので固定資産税が高い

【賃貸ガレージハウスを建てた場合】
 居住用なので税額軽減を受けることができるため、税負担が軽減される。


5. 1階はガレージなので建設費が抑えられる。


6. 貸倉庫などは家賃に消費税が掛かりますが、ガレージハウスは住居用物件なので消費税は掛かりません。
そのため、入居者にとってメリットがあります。